イーゼルスタンドのデザインは時代とともに進化している

イーゼルスタンドのデザインは特に決まっていないようです。

私は単純な木製の絵画に使うタイプしか見たことがなかったので、デザインなんて何もしていないのだと思っていたのですが、最近はいろいろなタイプの物が出てきているようです。

例えば、イーゼルスタンドと言っても絵画に使うような物ではなく、写真立てとして使うような小さい物の場合、こういったタイプはデザイン性が問われます。

可愛らしい物であればあるほど、プレゼント用にもなりますし、女の子受けすると思います。

私がインターネットで見つけた物はカエルが写真を挟んでくれるようなデザインになっていて、とても可愛らしい物でした。

このイーゼルスタンドは探してみるといろいろあることが分かってきました。

看板などを立てかける時に使うタイプの物は、曲線になっていたり、アルミで作られていたりと、木製の絵画で使うようなタイプとは全く異なります。

看板を立てかけていない時でもインテリアとして置いてあるかのような感じで、とてもオシャレな物が多いです。

また、イーゼルスタンドのデザインは時代とともにどんどん進化しているようです。今後さらにオシャレな物が増えてくることが予想できるので楽しみです。

色んな材質のイーゼルスタンド

イーゼルスタンドのデザインといえば、画材用としての古典的なものから、ディスプレイ用としてのスタイリッシュなものまで、実に多種多様です。

お店の看板として、お部屋のインテリアとして、使い方はたくさんあります。

これらのイーゼルスタンドはパネルを簡易的にディスプレイする販売促進ツールです。主に3本脚でできており、下から上へと引き締まるシルエットが、新鮮なイメージを与えます。

また、素材も重要な要素です。他のスタンド看板がアルミやスチール製が多い中、木製タイプが非常に豊富です。

柔らかな印象を与える木が、雰囲気作りに貢献します。それぞれの素材の特徴について解説します。

アルミ製のイーゼルスタンドは、シルバー、ゴールド、ブラック3色のバリエーションの物が多いです。

また、フレームの中が空洞になっており、とても軽く持ち運びに便利です。

アルミが丈夫なことを利用し、屋外用、大型パネル用のイーゼル等もあり種類が豊富なのも特徴です。

木製のイーゼルスタンドは、色に関しては、木の素材感を出すため、木そのままの色を使っている物が多いです。

また、上記でも述べた通り、木材ならではの柔らかい印象を与えます。屋外で使える物が少ないのは残念ですが、コストパフォーマンスに優れた激安価格の物が多く存在します。

私は木製のイーゼルスタンドが好きである

イーゼルのデザインは、最近特に増えてきたように感じる。

デザインといっても、素材、形、細部にいたるまで、こだわりが増えてきたというのは良いことだと思う。

私は、イーゼルスタンドと言えば、昔ながらの木製のものをイメージする。

画家さんが使っているようなスタンドで、何とも味があって、私の一番のお気に入りである。

最近は、雨などへの耐久性の観点から、鉄製やアルミ製のデザインのものも増えている。また、おしゃれさを追求し、立てかけるだけでなく、吊り下げるようなデザインも多くなってきた。

私は木製のイーゼルスタンドが好きであると言ったが、このように様々なデザインが増えていく中、次は一体どんな斬新なアイデアが出てくるのかという気持ちを持っているのも、正直な気持ちである。

オリジナルのデザインは、人を惹きつけ、店前などに置いてある場合は、ふと目にとまり、黒板に何が書いてあるのかを見てしまう。

最近はインターネット検索で、イーゼルスタンドと検索すると、本当にたくさんの種類がヒットする。

まだ見たことの無いようなものを探すなら、是非一度検索してみると良いと思う。

激安からオーダーメイドまで、たくさんのオリジナリティ溢れたものを見つけることができるであろう。

2011/6/30更新